コラーゲンが無くなる前に主婦ができるコラーゲン生活

私の毎日の習慣は、まず朝一番にDHCの錠剤。顔を洗って化粧水をつけたら、たっぷりと保湿クリーム。仕事で残業が続くとチョコラBBドリンク。週末は飲み屋で鶏の手羽先。夜ももちろん、錠剤と保湿クリームは忘れずに。この行動、全部コラーゲンを体に取り込む為。飲んで、食べて、塗って、どんなだけ摂取するのだ、というくらい毎日コラーゲン。何てったってコラーゲンは年齢と共に失われる一方の貴重なもの。

 

もう私のカラダでは減る一方なのだと分かった時から、あらゆる方法でカラダに取り込もうと頑張っている。そしてたどり付いたのが、毎日少しでも良いからこうして何かの形で摂取する方法。本当は高価なクリームやフカヒレでも食べたい所だけれど、お財布がそれを許してはくれないので、手に届く範囲でいろいろチャレンジしてみている。これだけ色んなアプローチで摂取すれば、少しはカラダに残ってくれるんじゃないかと思う。この私の地味で地道な努力も1年近く続いてきた。

 

その甲斐あってか、まず冬に乾燥を感じなかった。次に夏の終わりに起こる肌荒れが軽くなっている気がする。化粧のノリも悪いと感じる事が少なくなってきた。「これはもしや、効果が出ているのかも」高級クリームもフカヒレも食べてないけど、そんな風に思えるほど肌の調子が良くなってきている。そう、毎日のコツコツが大事なんですよね。ちず先生もそんなような事を言っていた気がします。30歳過ぎたら、コツコツコラーゲン生活。そのコツコツが美魔女を作るのかも。ぜひお試しあれ。