高齢者こそ不足に注意したいコラーゲン

コラーゲンとは、よくお年寄りが膝の痛みなどを改善できるということでテレビなどで見かけますよね。

 

階段なども苦にならないで、どんどん駆け上がっていかれるということで、興味をもってテレビを拝見させてもらっています。

 

しかし、「お年より」といっても最近では年齢もわからないくらいに元気な人たちが大いということがあります。

 

そしてまた、熟年時代といわれる人たちも自分で健康食品などを取り寄せて飲んでいるということがあって、日本人の健康意識に対する思いというものは大変なものがあるということですね。

 

コラーゲンとは「たんぱく質」の一種で、身体の細胞と細胞の隙間を埋めている繊維状のもので、皮膚や筋肉、内臓・骨・関節・目・髪など全身のあらゆる組織に存在しているというものなんですよ。

 

そおれで、人間の身体の約20%がたんぱく質で、その3分の1がコラーゲンでできているということなんですよ。

 

また、食品にも含まれている栄養成分としても知られていますよね。

 

もともとは、アミノ酸がくっついたものであるということです。

 

それで、コラーゲンの働きとしては、支えになったり、結びついたり、境目をつくったりとさまざまです。

 

身体のバランスを整えたり、骨や身体の皮膚、骨と筋肉を結びつける腱などには多く含まれているということです。

 

また、内臓などにも少量づつ含まれていますよ。

 

臓器をつくるためにも活躍しているし、美容に関しても保湿機能など肌への刺激も和らいでくれるということがあるみたいです。